何が違うの?フランチャイズとよく似た類似システム比較!

わたしたちの生活のごく身近に存在しているフランチャイズチェーン。
フランチャイズの他にもチェーン展開している店舗がありますが、消費者から見てその区別がつかないものもあります。
実際には契約内容や運営システムが異なりますので、どれが良くて、どれが悪いというわけではありませんが、その違いはよく認識しておく必要があります。

レギュラーチェーン

事業を展開する企業が直接投資し社員を雇用、経営・運営する店舗のことで、直営店とも呼ばれます。
フランチャイズチェーンは、他人資本の活用で店舗の経営主体が加盟店のオーナーですが、レギラーチェーンは同一資本によるチェーン展開や本部から各店舗への指示命令権を持っています。

ボランタリーチェーン

小売店が主に商品の共同仕入を目的として自主的に結成した協同組織を言います。
一店舗では弱い独立小売店が、経営の独自性を保ちながら、販売促進活動を共同化して、商品の仕入れを一括にまとめ、商品単価や輸送コストの削減を図るなどして、規模の利益と分業の効率性を得ようとするチェーン組織のことです。
また、フランチャイズ契約書には、店舗運営方法や契約の終了や解約に関する項目等、詳細に記述されていますが、ボランタリーチェーンの契約には具体的な約束事は少ない場合が多いところに相違がみられます。

代理店・特約店

本部が加盟者との契約で一定の地域内の販売権や商標の使用権を与え、商品・サービスの供給を実施していくシステムです。特約店という場合もあります。
一般には、「保険代理店」「広告代理店」「旅行代理店」などが有名ですが、特定の商材の販売を行う「販売代理店」、営業を代行してもらう「営業代理店」、施工を代理してもらう「施行代理店」など、ビジネスにおいては様々な形の代理店が存在します。
フランチャイズチェーンと比較した場合には、商品・サービスの供給に関する必要項目のみの契約内容ですので、本部から代理店への指導は継続的には行われず、販売方法等の規制も緩やかです。
ロイヤルティや会費は徴収しないのが一般的で、代理店側は同時に数社の商品・サービスを扱うことも可能です。

のれん分け

のれん分けは江戸時代の商家で奉公人が主家からのれんや屋号をもらい、別家にしたことから始まっています。
現在では長く勤めた従業員に店舗の屋号を使用する許可を与え、独立開業する制度となっています。
例えばラーメン店や寿司屋等の飲食店で修業して、そこで認められた人間が、修行した店の屋号を使って開業するようなことを言います。修行先のお店が人気店なら、独立した時点でも集客がある程度期待できます。
開業した後は仕入れ先を自分で決めたり、営業時間も開業する場所や自分の生活に合わせて決められるなど自由度が高く裁量が大きいのがメリットといえます。

パッケージライセンスビジネス

最近、多くの企業がこの方式によりビジネス展開をしています。
一般的には、店名、ロゴなどの商標・サービスマークの付与、店舗デザイン、メニュー、厨房設備を一体化させたコンセプトの提供、そして一定の地域での独占権の付与等をまとめてパッケージ化したものに対して、対価を取って貸与するシステムです。ライセンス・ビジネス、コンテンツライセンス・ビジネスとも呼ばれます。