フランチャイズの業種別に見る特徴

多様な業種が参入しているフランチャイズ経営、具体的にどのような店舗やサービスがあるか気になります。一般的にフランチャイズの業種は、「小売業」「サービス業」「飲食業」の3種類に大きく分けて考えます。それぞれの特徴がありますので、ご自身のビジネスプランにあうのはどのような業種なのか、しっかりとイメージしてみましょう。

フランチャイズ契約は一度始めると簡単に辞めるというわけにはいきません。当然、利益も大事ですが、長期間続けていくこと、「この仕事が好きか?」という問題は非常に重要です。 「仕事が好き」という要素の中には、「お客様と関わる喜び」「社会に貢献している」というような充実感も含まれると思います。商売は売り上げやお客様あってのことですが、長年仕事を続けられるモチベーションを保てる業種であるのかという点も、しっかりと自問自答してみましょう。

  1. 小売業のフランチャイズ
  2. 飲食業のフランチャイズ
  3. サービス業のフランチャイズ